231 Front Street, Lahaina, HI 96761 info@givingpress.com 808.123.4567

学んでおきたい護身術の基本について

日頃、生活していく上で、みんなトラブルに遭遇しないように気をつけながら暮らしていると思います。しかし、こちらが気をつけていても、突然トラブルに巻き込まれるということがあります。そんな時に、護身術を少しでも知っていれば、その場からうまく逃げることができる可能性も高くなります。 自分の身を守るための護身術なので、相手を倒すということではなく、相手から逃げたり、助けを呼ぶ隙を作るために有効な方法を中心に見ていきます。打撃を加える護身術は、相手を逆上させ、かえって悪い結果を招くことがあるので、トラブルを回避するために、逃げたり助けを呼ぶことが重要になります。相手から逃げられない場合に、護身術を利用し、その状況を打破できるようになれば自分の身を守ることができるのです。

前から襲われた場合のエスケープ

万が一相手に捕まれた時は、手を離させ逃げないといけません。前から捕まれた場合は、自分の体を回転させながら逃れることが基本となります。具体的には、掴んだ相手の手首を持ちながら体を回転させます。体の回転させる方向で次の行動が変わります。相手の側面に回転する場合は、回りながら相手の腕を脇に挟み体重を下にかけることで、相手を押さえ込むことができます。いわゆる。脇固めと呼ばれる体制にもっていきます。押さえ込むことが出来れば、その後は大きな声で助けを呼びます。 次に、相手の懐に回転する場合は、回りながら前に深くお辞儀をする感覚で体重をかけていきます。そうすると、相手は立っていられなくなり倒れてしまいます。そして、その隙に逃げ出します。 このような、回転のしながらの動きは合気道などでも見られるもので、色々な場面で活用される動きでもあります。

後ろから襲われた場合のエスケープ、また逃げられない場合は

次に、後ろから羽交い締めされた場合は、体を回転させ相手の側面に潜り込みながら逃げます。まず、相手と密着していたら逃げられないので、中腰になり、肘を曲げる、 またはバンザイをする感覚で腕を上げる、こうして隙間を作り、体を回転させます。また、後ろから首を絞められた場合は、逆に体を密着させた上で片膝をついて背負い投げをします。感覚を掴めば力がない方でも投げることは可能です。 ここまで、実践しやすい内容を述べてきましたが、いざという時に頭が真っ白になり上手くいかない場合もあると思います。そんな時は、立っている場合でも、押し倒されている場合でもとにかく相手に密着します。密着されると、相手は非常に攻撃しづらくなります。ボクシングで相手に抱きついてクリンチしたり、総合格闘技の寝技で下になった時に抱きついて体を密着させるのは、相手に攻撃させないためなのです。そして、その間に助けを呼ぶのです。このように、上手くいかない場合も考え準備、シミュレーションしておくとより安全だと言えます。

身体づくりやダイエットに驚異的な効果があります。 ぜひ、警察・自衛隊関係者の方向け、学生の方向けの1,000円の割引サービスもご利用くださいませ。 全国各地からお越しになる方もいらっしゃいます。ストレス発散やメンタル強化には最適です。 ドリンク40本チケット贈呈キャンペーンも実施中です! クラヴマガの護身術をマンツーマン形式で習得できるパーソナルトレーニング「マガパーソナル」があります。