231 Front Street, Lahaina, HI 96761 info@givingpress.com 808.123.4567

護身術はどこで学ぶことができるか

日本は世界的に見ても治安のいい国ではありますが、それでも犯罪に巻き込まれてしまうという可能性は誰にでもあります。特に女性の場合では電車内での痴漢など自分で自分の身を守る必要もあるのではないでしょうか。そこで学んでおきたいのが護身術です。とはいっても立ち向かって相手を撃退しろということではなく、自分の身を守る術を知っていることで、いざ何かあったときに身体を動かすことが重要なのです。身を守ることで大切なのは、逃げることです。逃げるためには相手を振り払う必要があります。相手の腕をとってなど様々な方法で相手から逃げることができれば、助けを呼ぶこともできますし、身の安全にもつながります。格闘技の達人になる必要はありませんが、習っておいて損はない技術だといえるでしょう。

身を守ることで大切な心構えを学ぶことができる

護身術で大切なことは、身を守ることです。それは相手と戦って勝つということではなく、いかに身の安全を確保することができるのかということが重要になります。ですから犯罪に巻き込まれやすい女性や子供には学ぶ価値があるといえるでしょう。身の安全を守るためには、相手を撃退するためのテクニックを学ぶよりも、いざという時に動けること、そして声を出せることが大切です。人間というのはとっさの時に、身がすくんでしまうと声が出なかったり動けなくなってしまうことがよくあります。そういった時にまず「助けて」と大きな声を出すことができれば、それだけで安全になる確率が大きくなります。そういった心構えも身を守るテクニックの一つで、その後に細かいテクニックを学んでいくとよいのではないでしょうか。

身近な場所でもならうことができます

護身術を習うためには、例えば空手道場や合気道道場などの格闘技を教えてくれるところに入門しなければいけないと思っているかもしれませんが、実はもっと身近なところで教えてもらうことができます。もちろん格闘道場で本格的に格闘技と一緒に教えてもらうこともできますが、短期間の講習の様なものを行っている場所もたくさんあるのです。もちろん格闘技の道場で本格的に習うのもいいですが、軽く習ってみたいという方には、例えばスポーツジムでも講習をしているところもありますし、カルチャースクールで習うこともできます。他にもダイエットのスクールでボクササイズとして一緒に護身術を習えるというところもあります。中には自治体などが主催で一日だけなどの短期講習会の様なものが開催されることもあります。