231 Front Street, Lahaina, HI 96761 info@givingpress.com 808.123.4567

護身術を学びたい人に知っておいて欲しい基礎知識

自分の見は自分で守るようにすることが護身術の基本ですが、護身術というと何か難しいことのように感じてしまい、なかなか身につけることも難しいことのように感じます。ですが、護身の技を身につけることはそんなに難しいことではありません。特にとっさに身を守る術は誰でも同じです。その場でしゃがんで丸くなることです。こうなれば、そう簡単に手出しをすることは出来ません。そして、この状態で大きな声で助けを呼ぶことです。最強の護身は自分一人で抵抗しようとしないで、自分は徹底的に身を守ることに専念して、後は助けを呼ぶことで身を守るということです。間違っても相手に反撃しようなどとすると、これは大きな隙を作ることになりますから、かえって自分の身を危険にさらすことにもなりかねません。

まずは、丸くなって身を守るようにする

最強の護身術はかがんで丸くなることです。テレビなどでは相手の手を取ってとか、いろいろと紹介されますが、そのようなことはスキルがあってこそ出来ることです。ほとんどの人はそうした護身の技を学んだことはほとんどないでしょうから、まずは丸くなってその場にかがみましょう。そうすれば、ほとんどの攻撃は防ぐことが出来ます。そして、最強の攻撃となるのが声です。これでとにかく叫べばいいのです。周りに人がいようがいまいが関係ありません。周りに人がいればその人たちが助けてくれる可能性がありますし、いなくてもすぐに誰かがくると襲ってきた人は考えてしまいますから、逃げてしまいます。この誰が来るかわからないという恐怖は襲ってきた側は常に感じているものですから、この声には敏感に反応して逃げる可能性が高いのです。

基本的に自分で反撃することは考えない

誰かに襲われるようなことがあれば、自分で反撃をするようことは考えないのが賢明です。それは、多少腕に覚えがあっても同じです。襲ってくる側は自分が優位だと考えてきているので、腕に覚えがあるなどのことも考えられるからです。基本的に防御に徹して、ひたすら丸くなってしゃがんで、じっとしていることです。そして、反撃は声だけにします。このしゃがんでじっとしている状態では、なかなか攻撃することは出来ません、そして、声で人を呼ばれれば、このドタバタの間に人が駆けつけてくることになりますから、ほとんどの場合で襲ってきた人は逃げていきます。基本的に襲ってきた人は誰かを呼ばれることが一番怖いのです。一人よりも二人が圧倒的に強いことは誰もが知っています。それが、三人四人となればもう勝てる見込みはありません。ですから、声が最強の反撃となるのです。